: 
シェナ 2006 マルセル・ラピエール&クリストフ・パカレ
SOLD OUT
定価 3,670円(税込)
販売価格 2,450円(税込)



コンディション:★★★★★
コメント:当店のワイン会で支持されたワインの一つ。
理由はズバリ”有機栽培”であること。みなさん健康志向です。
もちろん、ワインとしての評価も高くボジョレーと言えば、ヌーヴォーのイメージが強く
ワイン会を行ったことで、しっかりとしたタイプのボジョレーがあることを分かって頂けたのではないかと思う。

ところで、店長がチーズの学校に行っていた時は、試食と共に出てくるのがボジョレーだった。
今、思うとお手頃な値段と言うこともあるだろうが、幅広く対応できるのもボジョレーの強みではないでしょうか?
白カビからシェーブルまで、気楽に合わせられるボジョレーは試す価値アリです。




マルセル・ラピエール&クリストフ・パカレ
M. Lapierre & C. Pacalet


タイユヴァンのオーナーが選んだ1本!
自然派の元祖であり世界で唯一の完全有機農法ワインの生産者



ボージョレ・ヌーヴォーでも有名なボージョレ地区はブルゴーニュの最南部に位置する。 土壌は花崗岩と片岩が入り混じっていて、一般にブドウ栽培には厳しい。その中でもガメイという赤ワイン用品種の栽培には適している。 この品種から生まれるワインは、フレッシュかつフルーティーで、各生産者は、マセラシオン・カルボニック(炭酸ガス浸漬法)と呼ばれる醸造法を用いて、 その魅力を最大限に引き出し素晴らしいワインが生産されている。

そのボージョレ地区の中でマルセル・ラピエールはひと際、傑出した生産者であると同時に、有機農法(ビオデナミ)ワインの実践者でもある。 近年、有機農法を標榜する生産者はかなり増えたが、彼はまさにその草分け的存在である。 畑では除草剤を使わない。除草剤を使うと、雑草だけでなく、その畑に生息している酵母菌も死なせてしまうからだ。 除草剤を使わなければ手入れが大変になるが、土着の酵母菌が生きてブドウに付着し、この酵母によってアルコール発酵を行うことができるのである。

一般にワイン生産者は、自分の好みの酵母(培養酵母)を使用する。使い慣れた酵母であれば、発酵のプロセスを熟知しているので管理がしやすいからである。 しかし、土着の酵母(天然酵母)となるとそうはいかない。 畑には何種類もの酵母が生息しているので、年によって優勢となる種類が異なる。 ある酵母の発酵のプロセスを理解したとしても、次の年にも同じものが付着し、以前の経験を応用できるとは限らない。

ラピエールは、そうした困難なワイン造りを実践しているのである。毎年、どんな種類の酵母が付着しているかわからないブドウを発酵させるわけであるから、 そのプロセスを丹念に監視しつつ、アルコール発酵を進めるというのは大変な作業だ。 しかし、マルセル・ラピエールは労を惜しまず彼のワイン造りに情熱を捧げて、素晴らしいワインを造り出し、太陽の光と大地の力を液体に変えると言われている。

2006ヴィンテージ: 2006年はとても「ボージョレ」らしいヴィンテージとなり、果実味が豊富で、今からそして向こう5年間のうちに楽しむワインとなりました。 2006年は豊作で、私達は完熟するまで収穫を最大限まちました。そして良いアルコール度数となっています。 酸は少なめなので、喉に心地よい飲みやすいワインとなりました。

◆Chenas シェナ  
土壌はアペラシオンの中でも高い場所にあり、花崗岩がソーヌに向かって広がり、 しだいに表土がケイ土/粘土質にかわっていきます。ルビー色にほのかなガーネットが加わります。 構造がよく、花や木のブーケが表れます。ゆったりとした柔らかなワインでありながら力強さもあります。 味のしっかりとしたお料理や、熟成したチーズとお楽しみください。






■メンバー登録はこちら■
メンバーだけの特典もあるので、この登録はおすすめです♪
Mail Magazine
登録者数1,728名!
メルマガ登録・解除
Cart
Category
Recommend
Profile

有限会社西村酒店
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー西村孝喜

品質管理に徹底したワインをお届けいたします

Calender
■12月の定休日■
(色の付いている日)
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
※ご注文は24時間受付ております。
※当店からのご注文確認メールは休日後、順次対応させて頂きます。